リラのブログ コーヒー、スタバ、ベジ生活あれこれ

【ハーブティー】おすすめ。ビューティフルマジックムーンティーの飲み方や感想②【オーガニック】

ベジタリアン食品 ベジライフ 人生 美容

こんにちは、りらです。

前回、月のリズムを味方にする美容法と、
ビューティフルマジックムーンティーについての記事を書きました。
[月の力で美容]ビューティフルマジックムーンティーの飲み方や効能

ゾネントア社 『ビューティフルマジックムーンティー』

4種類のハーブティーを、月の満ち欠けにあわせて飲むだけという、
とっても神秘な美容法でした。月の力を借りてキレイになるだなんてすてきですね。

今回はそのパート②ということで、新月、上弦、満月のお茶を飲んで過ごしきたので、
感想や効果をなどをお話しします。

ビューティフルマジックムーンティーのお味と効能


月のリズム法

オーストリアのチロル地方には「月のリズム法」なるものがあり、

 

  • 新月・・新しいことをスタートする時
  • 上弦・・育ちと繁栄
  • 満月・・気分が高まる時
  • 下弦・・リセットへ向かう時

 

とされています。以下おもちゃ箱さんのHPより引用しますと、

 

【新月のお茶】
月の満ち欠けのスタートである新月は、新しいことを始めるのに適した期間。
下弦の月からのデトックス期間を経て、不要なものを排出し新しいステップへと向かうサポートをしてくれます。新月の2、3日前から当日に飲むと良いとされています。

 

とのことです。なので、新月になる二日前くらいから飲み始めてみました。

新月のアファメーションを思い出す

そういえば、新月のアファメーションってご存知ですか?新月の時に願い事をするというもので、自分のなりたい姿や夢うまくいかせたいことなどを、新月のタイミングでアファメーション(宣言)すると叶いやすいと言われています。

私も以前新月のアファメーションをしていまして、仕事関係のことなど、
結構夢が叶った記憶があります。

まさに、新しいことを始めるのにぴったりな時期ということで、理にかなっていたのですね。

新月のお茶の内容と効能

  • 有機マテ(ダイエット系:世界三大ティーの一つ。カルシウム、鉄分、ビタミンB群、ビタミンC、心身の疲労回復、
    代謝の促進、体内脂肪の燃焼を助けるダイエット効果、利尿作用、カフェインで気分スッキリ、
    興奮、利尿、脂肪分解、ミネラルの補給(食べるサラダ)
  • 有機レモングラス(パワーチャージ系):胃の機能活性化、お腹のはり解消、消化促進、抗菌、爽やかなレモン風味、腹痛、下痢、頭痛、発熱、インフルエンザ症状の緩和
  • 有機ローズヒップ(ビューティー系)
  • 有機スペアミント(リラックス系):穏やかミント、心身のリフレッシュ、リラックス、消化促進、ハーブティー初心者向き
  • 有機緑茶
  • 有機ローズ(ビューティー系):心身のリラックス、美肌(肌の引き締め)、下痢予防、口腔内の炎症修復、心が疲れた時イライラしずめて明るく前向きに

参考文献:榊田千佳子監修『ハーブティー大事典』

 

このようにダイエットやパワーチャージ、美肌などの効果が期待できそうです。
新しいことを始めるためのパワーチャージをしつつ、リラックス要素も含まれ、背中を押してくれそうなハーブがたくさんブレンドされていますね。

どんな味か

味の感想としては、前回の下弦のお茶とすごく変わっているわけではなく、
本当にやさしく飲みやすい、何も邪魔しないお味です。毎日飲める感じですね。

 

続いては、上弦のお茶です。

 

【上弦のお茶】

月が満ちていくように、人は身体を構築し増強する期間。
身体が吸収し溜め込みやすくなるため、食事は普段より量を少なめに。
満腹を感じたらすぐに食べるのをやめ、上弦の月のお茶を数カップ飲んで胃を落ち着けましょう。

 

上弦のお茶の内容と効能

  • 有機レモンバーム(リラックス系):興奮抑制、神経筋肉疲労の緩和、抗菌、抗ウイルス、強い鎮静作用
  • 有機スペアミント(リラックス系)
  • 有機ヒソップ(パワーチャージ):抗菌、抗ウイルス、去痰、お腹の張りの解消、発汗、鼻水、痰の軽減
  • 有機フェンネル(ダイエット系):ダイエットに効果ある、古代ギリシア人も痩身の利用。シードは甘味がある。ダイエット中の間食代り、消化を促す、お腹の張り解消、去痰、消化促進、利尿
  • 有機アニス(デトックス系):消化促進、消臭、去痰、防腐、利尿、お腹のはり解消。糖類が含まれている甘いものが食べたくなった時も良い
  • 有機ラズベリーの葉(ビューティー系):心身のリラックス、下痢予防、生理痛、PMSの緩和
  • 有機ひまわり
  • 有機ローズ:心身のリラックス、美肌(肌の引き締め)、下痢予防、口腔内の炎症修復、心が疲れた時イライラしずめて明るく前向きに

参考文献:榊田千佳子監修『ハーブティー大事典』

ちなみに前回のブログでもハーブ内容について解説しているのですが、重複しているものは説明を割愛させていただいております。

新月から、どんどん月がふくらんでいくと上弦の月になります。ふくらんでいくということは、それと同じく、体も吸収しやすい時期なのだそうです。なので食べすぎをおさえたり、デトックスを促すハーブがふくまれているのですね。

上弦のお茶の味は

味は、やはり他のお茶とあんまり変わりませんが、多少塩気のような感じがありました。とっても美味しいです。

朝ご飯の前に飲んでいましたが、なぜかあまりお腹が減らず、落ち着いてしまうので、
これは食べ過ぎ防止になりそうです。

続いて満月のお茶です。

満月のお茶について

 

【満月のお茶】

月がめいっぱい満ちた状態と同じように、特別に身体の吸収力が高まる時期。
感情も高まりやすいと言われています。そんな心身を鎮静させ、バランスを整えます。
高ぶる感情のまま暴食しないよう、満月のお茶で心身ともに整えましょう。

 

 

いよいよクライマックスですね。今朝も飲みましたが本当に美味しかったです。

 

満月のお茶の内容と効能

  • 有機レモンバーム
  • 有機エルダーフラワー(デトックス系)
  • 有機マリーゴールド(リラックス系)
  • 有機タイム(パワーチャージ系):殺菌力が高い、うがい薬としても。抗菌、去痰、鎮咳、気管支の収縮予防
  • 有機コーンフラワー(ビューティー系):利尿、解熱、美肌
  • 有機ラズベリーの葉:心身のリラックス、下痢予防、生理痛、PMSの緩和

※内容が他のお茶と重複しているものは効能を割愛しています。

満月のお茶の味

満月のお茶は、うっすらとベリーの味がしました。ただやはり4種類とも
非常にお味が似ています。ですが、上質ですね。

スーパーのお茶と比べてしまっては申し訳ないのですが、
オーガニックで、ていねいに育てられたハーブをしっかりと使ってあるせいか、雑味やえぐみは全くありません。ちょっと、カフェのお茶飲めなくなるかも?と一瞬思うくらいです・・・(飲むけど)

全てのお茶に共通して、抗菌・のどに良い・風邪やインフルエンザにも良いというハーブが目立ちましたね。コロナウイルスもまだ流行っていますし、体調管理にはひと役かってくれるかもしれません。

 

※ハーブに関する参考文献:榊田千佳子監修『ハーブティー大事典』

 

ビューティフルマジックムーンティーを飲んで良かったことなど

家族の風邪がうつらなかった・肌荒れなし

 

最近、娘が鼻水、喉の風邪をひいていて、(熱はなし元気)いつもならすぐにうつるのですが、今回は、なぜかうつらずにすんでます。

少しのどがいがいがしても、朝必ずこのお茶を飲んでいるとそれが全く治まります。風邪をひきそうになる前にハーブティーを飲む、日常に飲んで予防しておくのは良さそう。あと、顔にニキビが全くできません。少し食べすぎてもできません、(笑)

 

心が少し穏やかに、豊かに

ちょっとしたことなのですが。
夜、カーテンを閉める時に空を見ると半月が浮かんでいたりしますよね。前だったら上弦だか下弦だかわからなかったですし、このあと満ちていくのか欠けていくのかなんて当然わかりませんでした。

 

でもこのお茶を飲んでいるとすぐにわかりますね(笑)ちょっと、新鮮でした。そして、何も自然がたくさんある場所に住んでいなくとも、月も自然な存在であると思い出しました。

月のリズムを意識しているとより、
「自然とともに生きているのだな」

と思えて、すごく安心感がありました。

とにかく美味しかった

個人の感想ではありますが、何でも美味しくないと続きませんからね。大事な要素だと思います。

オーガニックのお茶ぜいたくと思われる方も多いかもしれませんが、
選択肢の一つに入れていいと思います。

ハーブティーって、直接乾燥させたハーブにお湯を注いでダイレクトに抽出するわけですよね。
だったらなおさら、安全に丁寧に作られたものを飲んだ方がいいと思います。

そのやさしさが、純粋に体にしみますよ。極上のリラックスタイムにぜひ。

これは自分の考えだけど、妊活に良いんじゃないかな。

妊活をしている方や、生理のリズムを整えたい人にも良いのでは?と思いました。
あくまで私の感想ですので、これを飲んだからって子どもができるとは絶対言えませんが。
カフェインが入ってるので、赤ちゃんを授かる前の段階の話ですが。

妊活って、まずは自分の体を大切にして、大きな自然のリズムを味方につけて健康を取り戻すのが
大切な気がします。心も豊かに。

気になった方はぜひ試してみてください^^

 

 

ではまた。