エスプレッソとリストレットについて

(※この記事は8月18日に更新しています)

こんにちはrelakasiです。コーヒー店でコーヒーマスターとバリスタをしています。

仕事柄、コーヒーにふれている中で、解説したほうが良さそうなことが浮かんだので、記事にしたいと思います。

エスプレッソとリストレットについてです。

エスプレッソってなんだ

エスプレッソってご存知ですか?小さいグラスにちょろちょろと入れる、濃ゆーいコーヒーです。

実はコーヒーと呼べるものなんですよね。

エスプレッソって作り方も普通のドリップコーヒーとまるで違うので、

未だについ、別物のように感じてしまいます。

そして、カフェラテの中に入っているのは何なのか

実はご存知ない方も多いようです。

私も、カフェで働くまでエスプレッソの存在を知らなかったです。

エスプレッソを作っているところを見たことがありますか?

カフェのカウンター内で、何やらマシンに向かってバリスタさんが作業していますね。

全自動のエスプレッソマシンですと、ボタン一つで、小さなグラス二杯分のエスプレッソが出てきます。

手動のマシンですと、おたまくらいの小さなフライパンのような入れ物に、

エスプレッソ用に細かくしたコーヒー豆を分量入れて、上からギュッと押し込めます。

↑右の方です。

これをマシンにセットして、ボタンを押すとエスプレッソが出てくるというしくみです。

この、上からギュッと押し込める加減が難しく、強すぎるとその中を、なかなかお湯が通っていかず、

出てくる時間がゆっくりとなり、苦いだけのバランスの悪い味になってしまいます。

逆に押しが足りないと、

コーヒーの中をさっさとお湯が流れてしまい、

うすいエスプレッソになってしまうんですね。

美味しいエスプレッソって実は苦いだけでなく、

香りがふくよかで、苦味とコクのバランスが取れており、かすかなキャラメルのような風味がするんですよ〜。

見ためも、3つの層にわかれてきれいなんですよ。上から、クレマ、ボディ、ハートです。

クレマは上に立っている泡、

真ん中の、大部分がボディ

一番下の黒いところがハートです。

深層部がハートだなんて少し、ロマンティックな名前ですね。

ちょっと、飲んでみたくなりませんか?まあ、基本、ベースはにがい、なんですけど。

リストレットとはなんだ

結論から言いますと、リストレットは、エスプレッソと

同じ豆の量なのにお湯は半分!で作る、もっと濃ゆいエスプレッソ

ということです。

つまり量はエスプレッソの半分〜4分の3ほどでしょうか。

液の量は少ない。と。

その分、液体の中に、倍のコーヒーエキスが、

ギュッとつまっているということですね。

でもその、コーヒー店で働いていると、

「カフェラテのエスプレッソが苦いから減らして欲しい」

というお客様がいます。

その場合、リストレットを提案していたし、そういった決まりだったのですが、

ある日、本を読んでから

液量が少なくても、濃さが二倍だとすると、リストレットのラテにしても苦いんじゃないのか?

と気づきました。

残念ながら、多くのカフェ店員さんは、リストレットはただ液量だけが少なく、

濃度や成分は普通のエスプレッソと変わらないと

思っている方も多いようです。(ほんとです)

なので、優しい味にしたいときは、

普通のラテのフォーム(上の泡)を少なくしてもらって、液体のミルクを多くいれてもらいましょう。(エスプレッソはそのまま)

美味しい飲み方

では、エスプレッソを美味しく楽しむにはどんな飲み方があるのでしょう。

コーヒーストアが一般的になりエスプレッソの名前は普及していますが、

そもそも私たち日本人には、あまりなじみがありません。

なんせコーヒーといえばドリップコーヒーなので。

そしてエスプレッソ単体では、美味しさはあるにしても相当苦いので・・・

体が警戒する人もいると思いますし。

イタリアでは、バニラアイスクリームの上に、熱々のエスプレッソをかけていただく、アフォガートという飲み物もありまして、

最近人気定番の、エスプレッソを使ったフローズンドリンクのもとになったそうです。

また、日本のように、フィルターを通したコーヒーを飲む習慣はなく、

エスプレッソをカフェのカウンターでくっと飲み干し1日を始めるというのが普通とのことです。

くっと飲むって

まるでおちょこで日本酒飲むときくらいですね。似てるかも。飲まないですけど。

余談ですが、カフェで働いていると、そうですね・・・およそ2〜3ヶ月に1回くらいですか、

「エスプレッソ、ソロください」

という注文を受けます。(ソロっていうのは、小さいグラス一杯分ということです。)

大体、紳士的な男性です。女性は、ほぼみたことがありません(遭遇していないだけかもしれませんが。)

で、

エスプレッソだけをオーダーされるっていうのがめずらしいので、入ると店員みんなソワソワし始めます、笑。

ソワソワソワソワって。

ああグラス温めなくちゃ、ああ、受け皿も用意しなくちゃ、エスプレッソ出来立てすぐ入れなくちゃ、ああ三層を崩しちゃいけない、クレマボディハート!ああ、ソワソワソワソワ

まるで、娘や息子が初めて婚約者をうちに連れてきた時の親御さんの反応です。

もしくは芸能人が店に突撃訪問してきたかのような。

そして、カウンターで、クッと飲むお客様の姿を

気づかれないようにじっと見てしまう。

たいていのお客様は、ラテやカプチーノ、マキアートを注文するので、無理もないですけどね。

話が外れてしまいましたが、

エスプレッソを美味しく楽しめるドリンクを、この機会にぜひご提案したいです。

それは、

リストレットのカフェアメリカーノ

です。

カフェアメリカーノとは、エスプレッソをお湯または氷水で割ったドリンクです。

コーヒーのエキスが凝縮された熱々のリストレットを、

たっぷりの氷と美味しい水で割って

急冷することで、さらにうまみ、香りをとじこめた、すっきりドリンクです。

そして麦茶のようにごくごくと飲めて、

少量のカフェインで、すっきりリフレッシュもできそうです。

カフェに行ったらぜひ、試してみてください。

お好みのシロップを入れても良いでしょう。

まとめたい

本日伝えたかったこと
・優しい味のラテにしたいときはエスプレッソはそのままにして、ミルクの量を
 増やしてもらう。
・アメリカーノをリストレットでためして、エスプレッソの新しい楽しみ方を体験
 しよう

です。

ではまた、お会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました