リラのブログ コーヒー、スタバ、ベジ生活あれこれ

【ニュース】コロナの変異株オミクロン日本政府の対策は良かったの?【在外のツイート荒れまくる】

ニュース 人生 雑記

 

こんにちは。

ずっと下火だったコロナ感染者でしたが、また新たな変異株オミクロンが見つかって大騒ぎになってますね。

第六波は必ず来るってみんな言ってたし、デルタ株が猛威をふるった第5波に続いて、次はオミクロン株がそれに変わってまた感染者が増えちゃうのか・・?

と、心配になりますね。

でも今回政府がすごく早く外国からの入国を禁止してちょっとびっくりしませんでしたか?

なので簡単にまとめてみました。



コロナの変異株オミクロンが日本に入ってきたけど政府の対策は良かったの?

日本政府はオミクロン対策に何をした?

ちなみに日本政府の対応は何かというと、

『全世界の外国人の入国を11月30日午前0時から年末まで禁止』

とのこと。なるほど、海外からの入国者さえ防げば良いのですかね。だったらこれで安心。でも今日の時点で国内では2人目が見つかりましたし、こんなツイートも見つけました。

そ、そうですよね。自宅待機にしたら絶対に、

「ちょっとコンビニまで〜」とか、「近くならいっか」とか思って外出ちゃいそうですよね。

こういうことは今までに何回もあったし。今日本では感染者も減っていて、ちょっと警戒もゆるい感じになってるのでなおさらです。

ただ、この『入国禁止!』っていう強めの措置がもたらしたことで良かったことがあります。

それは安心感です。正直、今までのコロナ対策でここまではっきりと意思表示がなされたことはなかったです。

例えばニュージーランドはもうずっと入国制限をしています。

現在NZ政府は厳しい入国制限を設けており、日本人等外国人は永住権所持者等ごく一部の方を除き入国はできません。〜在ニュージーランド日本国大使館HPより〜

コロナが始まってからニュースでニュージーランドの入国制限のことを知って、正直
「なんて潔くて普通で、簡潔でシンプルなんだろう、めっちゃ羨ましい!」と思っていました。ああ、国民を守ろうとしているのだなと。そしてそれが普通だよねと。そう感じました。
それがニュージーランドの感染者数に影響してもしなくても、そういった政府の姿勢を国民に見せることがまず大事と思います。

おそらく今回、もし入国禁止にしていなかったら、後からまた

「海外でオミクロンが流行り始めたあの時期に入国制限をしなかったせいで広まった」

とか言う人が必ず出てくるのです。

結果はどうなるかちょっとわからないんですけど、まず今やることをやったのでここは評価できるところだと思います。もし自分が総理大臣だったら普通にまずは入国制限や渡航制限をする方向でいくと思いますが、皆さんはいかがですか?



オミクロン株についての素朴な疑問

でも今までいろんな変異株があったじゃないですか。デルタの後にもミュートかラムダとか色々。最強とか言われてるのもありましたし。なのにどうしてオミクロン株はこんなに騒がれているのか?

 
そう、ちょっとメディアがあおりすぎなんじゃないかな?と思わなくもない。やみくもに怖くなっちゃますよね。またあんな自粛したくない・・・夏の思い出がよみがえります。ゾゾっ。

つまりオミクロン株を恐れるかどうかのポイントは、ワクチンが効くか?そして今まで行ってきたコロナの治療が有効なのか?ということですね。その辺に関してはまだ詳しいことは分かっていないようなので、あんまり感情をゆさぶらない方が良いですよね。正しく怖がることが大事です。難しいですけど。。

政府の入国制限に喜んでいたのも束の間

でも政府の水際対策を「すごい、こんなの初めて」と思っていたのも束の間でした。というのも、すごく嘆いている人がいると知ったからです。それは、海外に住んでいる日本人の方々が突然、日本に帰ることが叶わなくなったと言うことです。。。

海外に住んだことがないですけど、なんか滞在期間とか切れた方どうするのかな。。手続きとか大変そうですね。。

 

海外に住むのが憧れで、海外在住の日本人のTwitterをフォローさせていただいているのですが、すごい昨日今日と嘆いてるリツイートが多くて気づいたんですよね。。なるほど、確かに。お正月帰れないよね。。と。今ちょっとチャンスだったのかもしれないのに。
何かを制限すると必ず、悲しむ人や困る人も出てくるのだと改めて思い知らされました。
ツイートはまだまだあります。

何も言えないですわ・・。

何か政府からの暖かくも安心できる強力なメッセージを送っていただきたいものです。

オミクロンがどうであれ、やることは同じ

とにかくどんな変異株が出ても、私たちのやることは変わりませんよね。

引き続き感染対策をして、政府の対策とかもありますけど、全員を守れるわけじゃないから個々人でやっていくしかないし、そのほうが確実です。

情報を見極めて注意深くいきましょう。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ではまた。