リラのブログ コーヒー、スタバ、ベジ生活あれこれ

[結婚やめたい ]コロナで変化した人間関係が壊れないためには?

人生 雑記

 

こんにちは、りらです。

 

先日、たまたまTVでこんなお悩みを見かけました。

 

コロナが原因で、結婚を考えていた彼氏のことが嫌になった。
私はコロナ対策はかなり慎重にしているのに、彼氏はすごくゆるい。こないだも外でご飯を食べるとき、店を予約してもらって行ったけど、席の感覚がせまかったり、かなり感染対策のゆるい店だった。とにかく私が気にしているところを全く気にしない彼氏。
この辺の感覚の違いが許せないのでもう別れたい・・・。

 

 

「コロナが原因で、結婚を考えていた彼氏のことが嫌になった。
私はコロナ対策はかなり慎重にしている。でも彼氏はすごくゆるい。
こないだも外でご飯を食べるとき店を予約してもらって行ったけど、
席の感覚がせまかったり、かなり感染対策のゆるい店だった。
とにかく私が気にしているところを全く気にしない彼氏。
結婚したかったけどこの辺の感覚の違いが許せないのでもう別れたい・・・。」

 

なるほどです。

 

人間関係の数だけ、こういう悩みがありますね。
リアルですね。
自分だったらどうするか、考えてみました。
※当方、既婚です。

 

[結婚やめたい]コロナで変わった人間関係[本当の気持ちを伝える]

おそらくコロナがなくても避けられなかったことである

 

この方はラッキーだったのではないかと思いますね。
だって、普通に過ごしていたらこのまま結婚して、
いずれ一緒に暮らす中で明らかになったことが今、わかったのですから。

 

コロナ以前にも
結婚したら清潔観のちがいとかありますよね?既婚のみなさま。

 

例えば、
台ふきんで床を拭くとかw
ゴミはゴミ箱に捨てないだとかww

 

夫婦間のコロナ感染対策意識でも、違うところが多々あります。

 

自分はわりと神経質でして、夫はおおらかな方ですね。

 

【夫婦のコロナ対策の意識の違い】(注:グチに聞こえますw)

夫:使い終わったマスクを部屋のそこらへんに置きっぱなし
→妻:マスクはヒモだけを触り小さくたたんでゴミ箱に押し込む

夫:飲み会に行って電車に乗って泥酔して帰ってきてお風呂に入らず寝る
→妻:行く前に風呂入ってても、コロナついてるかもだしもう一度入るべし。
というか泥酔するまで飲むなよ^^

夫:買ってきたものをそのまま冷蔵庫に入れる
→妻:誰が触ったかわからないし、アルコールで拭いてから入れる

 

などなど。

 

文章におこすとそんなに大したことはありませんが、
こういったことが毎日重なってくると
相手に対して、

 

なんでわからないのか?!

と嫌な気持ちになってきます。

 

自分の気持ちを相手に伝える練習を

 

じゃあどうしたのか?と言いますと、

 

しばらくは我慢していましたが、
本当にストレスになってきたのでその都度言うようにしました。

 

「マスクはここに置かないで捨ててね」とか。

 

飲み会に行くと言われたら、

「あんま遅くならず帰ってきたらお風呂に入ってほしい」

とね。

 

やさしく?いえときには厳しく、笑。ときには心配そうに、笑。
いつも怒ると逆効果になることがわかってきたので。声色を変えると。

 

ようやく最近、マスクの扱いもきちんとしてくれるようになりました。

 

買ったものに関しては、私が血眼になってアルコールで拭いてるのを見て察してくれたようで
私の目の前では拭くようになりました(?)

 

結婚していると、ちょっと嫌なことがあっても、

 

結婚て暮らし

 

なので。
解決していかないと健やかに暮らせないじゃないですか。

 

だから質問者さんのようなことがあっても多分、
しゃあない、言うか、
になります。

 

で、少しずつですが解決に向かっていくという流れです。

 

質問者さんは、結婚したかったくらい好きだったのなら、
今こそ彼氏に自分の気持ちを話すときです。

 

彼氏の良いところ、好きなところを今一度思い出してみて、
少しでもまだ結婚したいという気持ちがあるのなら。

 

恋人であれば一緒に暮らしてないし、
なあなあで終わらせることは全然可能なんですけどね。
でも他の人と付き合っても、潜在的にまた同じことが起きると思います。

 

 

結婚する前に
自分の嫌だったことや気になっていることを、相手に伝える練習をしておいた方がいいです。
それは決して相手を責めることではなくて互いを理解するためのことですので。

 

相手の言い分も聞いてみると違う考えを知れますので。

 

結構大変だけど・・・。出来るようになると幸せが待ってます。
自分も苦手ですがやってます。やる方向です。w

 

 

極限で知る本当の気持ち

 

隣にいるのは彼女じゃなかった

Pierrot『蜘蛛の意図』

 

人は、非常事態が起きたときに本性が出る、究極の選択をする生き物です。

 

昔バンドブームだったときに聴いた
Pierrotというアーティストの『蜘蛛の意図』という曲の歌詞です。
簡単に曲の内容を説明しますと、

 

天変地異が起きて、人々が絶体絶命な時でした。
天から蜘蛛の意図がおりてきて、
みんな我先にとつかまろうとしているのですが、
そんなときに
僕が一緒にいることを選んだのは彼女ではなかった・・・。

 

という内容。

何が言いたいかというと、今、パンデミックという非常事態です。

否が応でも自分にとっていちばん良い選択をしてしまう時期なんです。

 

今、心から一緒にいたいとか連絡したいとか
そういう関係が正解だと思います。

 

私もそうなんですが、

 

コロナがきっかけで会う機会も作らなくなり、
全く連絡を取らなくなった友人がいます。

その前からだんだんと合わなくなり、どうしたものかと思っていました。

 

新しい人間関係を作りだすチャンスなのかもしれません。

 

解決に導くまとめ

  • 自分の嫌だったこと、気になっていることを相手に伝える練習と思う
  • 非常事態でもつながりたい関係かどうか心に問いかける

 

ですね。

 

参考になれば幸いです。
関連記事:[人の役に立ちたいと思わないなんて損]コロナで大変な医療機関へコーヒーを贈ろう。

 

ではまた。