リラのブログ コーヒー、スタバ、ベジ生活あれこれ

【スタバ】仲良くなりたいスタバの店員さんと連絡先を交換したい。良い方法やタイミング5つ

スターバックス 人生 店員さんとの関係 恋愛

こんにちは。

私は元スタバ店員なのですが、ブログを始めたばかりの頃、どんな話だったら少しでも皆さんのお役に立てるかな?と思って、かわいいイケメンスタバ店員と仲良くなる方法
という記事を書いてみました。

すると、ありがたいことにたくさんの方からお読みいただいてます。

正直驚いていて、スタバの店員さん、もしくはお店の店員さんと仲良くなりたい方は案外多いのだとわかりました。なので、何か参考になることを提供できたら幸いです。

さて、前置きが長くなりましたが、本日のテーマです。

  • スタバ店員さんと連絡先を交換する一番現実的なタイミング
  • 相手からアドレスを聞かれる方法はあるのか?
  • アドレス交換の仕方

です。

※スタバ勤務歴5年の人が経験にもとづいて全力で考えました。

 

スタバの店員さんと連絡先を交換したい。良い方法やタイミング5つ

スタバ店員さんと連絡先を交換する現実的なタイミング

今までのスタバ勤務経験から、様々なケースを考えてみました。

そして至った結論としては、

  1. 出勤前・退勤後の時間
  2. 仕事中で会話できるタイミング
  3. 空いている時間帯(学生なら比較的夜が狙い目かもしれない)
  4. 相手が大学4年生なら卒業のとき。それ以外なら異動・退職時
  5. 学生なら比較的夜が狙い目かもしれない

 

です。順番に解説していきます。

出勤前・退勤後の時間

スタバの従業員(以下PTR)は、出勤前と休憩中、退勤後にドリンクがタダでもらえます。

そのドリンクをもらうためにお客様と同じように列に並びます。
早朝9時代とか、お店がゆったりしている時間帯だとそんなに行列にはならないので、PTRがレジを待っている間、ドリンクをもらう間にアドレスを交換できるチャンスはありそうです。
退勤後も同じことが言えますね。

もしくは、例えばあなたが客席で勉強などをしている時に、好きなPTRさんが退勤してあなたに気づいて話しかけてくれたときなどがあれば、大チャンスだと思います。そういうことも普通にあります。

店員さんが一番会話のしやすい仕事のポジションとは

スタバの仕事は、1時間ごとにポジションが決まっていて、1時間経ったら交代になります。
基本的にレジばかりをしたりすることはありません。(よっぽど人がいない時を除いて)

なので会話のしやすいポジションにいる時で、なおかつ忙しくない時間帯が狙い目です。

一番会話のしやすいポジションといえば、やはりレジですね。
一番お客様とゆっくり会話できる機会を許されているのです。

バーはドリンクを作ったり、レジを手伝ったりとやることが多めなのです。
でも空いていれば全然大丈夫なので、イケそうなら大いにありです。仕事中の店員さんに教えてもらうというのはちょっと大変なので、あなたの連絡先(LINEのIDでもインスタでもなんでも)を書いた紙を渡す方が、相手にとっては負担も軽いかと思います。

あとはフロアに出てテーブルを拭いたりしているPTRがいますが、あのポジションが一番忙しくて、タイマーを片手に10分〜20分以内でタスクをこなすということをしています。

でもそれもスキルがあるなら話は別で、フロアに出た時なんて特に、他のPTRの目にもつきにくいのですでに店員さんとある程度関係が出来ているのであればチャンスですね。それはあなたと店員さんの関係によるかなと思います。

空いている時間帯(学生なら比較的夜が狙い目かもしれない)

クローズ(閉店)に近づいてくると、だいたい大学生PTRが中心にお店を回していることも多々あります。時間帯責任者(SSV)も大学生PTRだったりすることもあります。

そうするとかなりゆるい、というか厳しい人がいないので、もし大学生PTRと仲良くなっているのであれば、わりと交換しやすい時間だと思います。

相手が大学4年生なら卒業のとき。それ以外なら異動・退職時

これはもうかなり時間を有する方法ですよね。想いを温めて温めてやっと!という感じですよね。

実際に、辞める前に常連さんにお手紙を渡すPTRもいます。そこにアドレスが書いてあれば良いんですが、こればっかりはわかりません。

辞める日はラストランといって、店によりけりですが、大学4年ならみんな一緒の日に合わせたりします。
そこで最後の勤務に合わせてお店に来て、お別れがてらにアドレス交換、とかは自然だと思います。

普段からコミュニケーションを取れていれば、退職日(お店を卒業する日)を聞いておくと良いのではないでしょうか。

退職や異動に関しては、よっぽどの常連さんになら話してくれると思うので、やはり普段からのコミュニケーションがカギになるかなと思います。

いずれにしても

来客が多ければ多いほど退勤時間は遅くなります。
飲食店勤務を経験したことのある方ならおわかりかと思いますが、お客様が増えたらその分、材料も足りなくなるので仕込みやらの裏仕事も増えます。

お客様対応が第一なので、それを優先していくと、たまった洗い物、閉店作業はどんどんずれ込んで後回しになっていきます。

ある時は開店してから閉店まで忙しい、またある時は、平日ヒマをしていたら、急に恐ろしく混みだしたりします。

好きな店員さんがそのような変化に慣れているかそうでないかで、その日あなたとていねいに関われるか否かが決まるのではないかと思います。

私がお客様と連絡先を交換した時の心境・シュチュエーション

相手からアドレスを聞かれる方法はあるのか

初対面ではまず難しいでしょう。
店員さんは恋人を探しに仕事に来ているわけではありませんから。
100歩ゆずってあなたがどんなにイケメンや美人でも難しいでしょう。

なのでやはり、毎日、数日おき、週末はいつもとか、短時間でも良いのでスタバに行って、健全な顔見知りになるということが、遠回りに見えて一番近道かなと思うのです。
あくまで私の個人的な考えなのですが・・・。

その上で、共通の趣味・話題、共感のある会話を重ねていくことです。
店員とお客様という枠の中でできる最大限の距離を縮めるのです。

私がお客様と連絡先を交換したときは、結構行列だったんですよ。
でもそのお客様はお仕事の休憩中にいつも来て下さっていて、お互いレジで

「仕事大変ですよねーこのあとも頑張りましょうねー」

といった良い感じのコミュニケーションを毎回できていたんですよね。
単純に笑顔になれるというか。

で、私が辞めることになったときに、

「今度辞めるんです、今までありがとうございました。」

と伝えたら、

「じゃ、連絡先交換しようよ」

と、自然な流れで交換しました。

店員の立場から聞かずともあちらから聞いていただいて、全く嫌な気持ちにならなかったし、むしろ毎回レジで話して仲良くなっていたので、何の抵抗もなかったです。

連絡先は相手の方がLINEIDを教えてくれて、仕事が終わってから検索して探しました。

【まとめ】スタバ店員さんと連絡先を交換するタイミング

では本日のまとめをしていきます。

【スタバ店員さんと連絡先を交換するタイミング】

  1. 出勤前・退勤後の時間
  2. 仕事中で会話できるタイミング
  3. 空いている時間帯(学生なら比較的夜が狙い目かもしれない)
  4. 相手が大学4年生なら卒業のとき。それ以外なら異動・退職時
  5. 学生なら比較的夜が狙い目かもしれない

私の体験から出来うる限りのことを考えたものなので、これが全てではありません。ですが、何か少しでも参考になれば幸いです。

ではまた。

関連記事:【洗脳されてる?!】スタバが好きな理由とは?おばあさんに言われた本音すぎな言葉