【スタバ】微妙です。仲良くなりたいスタバ店員におすすめを聞くのはNGなわけ【解決策あり】

コーヒー
Photo by 𝙆 on Unsplash

 

こんにちは、りらです。
今日は、スタバの店員さんに話しかけるときにNGな話題を解説していきます。

 

  • スタバの店員さんと仲良くなりたいけど何を話せばいいかわからない
  • どんな話題だったら良いのかな
  • スタバ店員との会話を盛り上げたい

 

こういった方に参考になればと思います。

 

スタバ店員に話かけるときにNGな話題は◯◯です

 

スタバの店員さんは基本的にみんなフレンドリーです。
なので、どんな話題でもていねいに、喜んで答えてくれるでしょう。
そう、表向きでは・・・・。

 

でも、ぶっちゃけ、「この質問めんどくせー」といったら口が悪いですけど、
「答えづらいなあ」思うものがあります。

 

それは、初対面で、

 

「おすすめのドリンクって何ですか?」

 

と聞くことです。意外ですね。
スタバの店員さんならドリンクについて質問したら張り切って答えてくれそうですよね。

 

ですが実は、「おすすめなんですか」って言うのは、ざっくりし過ぎて
答えるのが大変なんですよ。

 

いや、別にこの質問しても良いんですよ。ヒマなときだったら会話も広がるかもしれません。

 

ただ、答えづらいのできちんとした回答が得られにくいですし、
ちょっとチャラい印象を受けます。

 

ヘタしたら適当(適切)な回答になることもあるかもしれません。
その理由を解説しますね。

 

「おすすめなんですか」と聞くのをあまりすすめない理由3つ

何百ものドリンクの中から瞬時にチョイスしなければならない

 

スタバのメニューは大体50種類ほどあります。そして、スタバといえばカスタマイズです。

ミルクは、低脂肪、無脂肪、ソイ、ブレべ、アーモンド、オーツなど、5種類もあります。

 

シロップも色々です。なおかつ、甘さ控えめなのか甘めなのかとか、レシピも変えられるし。
紅茶の茶葉を変更できたりもします。

 

上からソースをかける、かけない、ホイップをやめて泡にするだの、
ミルクを多くするだの・・・・・。ミルクの質感も、重めや軽めとか色々あります。

 

こんな感じで、何百ものカスタマイズができます。

 

そうすると、一体どれが一番あなたにぴったりなのか、ほんの数秒で判断するなんて至難の技だと思いませんか?それこそAIの仕事です。

 

もちろん、表向きでは、スラスラと答えてくれるとは思いますよ。
店員さんの中には、自分の好きなドリンクをさらっと答えてくれたりする人も
いるっちゃいるんですけど。それはあなたに合ったドリンクかもわかりませんから。

 

店員さんからしてみると、

「私(店員)のおすすめを、お客さんに教えられてよかったなあ」

 

で終了です。この場合、あなたの存在はあまり印象に残らないかもしれません。

 

 

コミュニケーションは多いけど仲は深まらない可能性

 

大抵は、スタバの店員さんは、お客様に満足してもらいたい気持ちが強いので、
「おすすめなんですか」と聞いたら、どんなのが好みか色々質問してくれる人が多いでしょう。

 

「おすすめなんですか?」ってざっくりすぎるので、どうしても何かしらあなたの情報が必要です。
あなたに合ったものを提供したいと思えば思うほどに。

 

アレルギーがあっても困るし、甘いものは好きなのか
コーヒーは嫌いなのか、暑いのか寒いのか、どんな気分なのか、
カフェインはない方が良いのかとかね。色々と聞かなければなりませんよね。

 

それが仕事なんでしょ?一人一人に寄り添うのがミッションなんでしょ?と思うかもしれませんが、
きちんと答えてあげたいからこそ、ハードルが高いのです。
関連記事:【好かれてる?】スタバ店員から話しかけられる理由とその心理とは?

 

でも、色々質問してくれたりして会話も多くなるし、店員さんとコミュニケーション取れて良いじゃんと思われがちですが、実はそうでもないのですよ。

 

実はレジは目の前のお客様と会話をしつつも、
次に待っているお客様にも注意を払わなくてはなりません。

 

オーダーが全く決まってない状態でおすすめをゼロから選ぶとなると時間がかかります。
どんなに優秀な人でも、店員さんの注意力はあなたのドリンクに100%注がれることはないのですよ。
よっぽどヒマな時は良いですけどね。

 

あなた個人のことではなくて、

「お客様のオーダーの相談にのって、なんとかさばいたなあ」

という感じにもなりかねません。

 

だからもし、選んでもらったドリンクが美味しくて、次回行ったときに
「こないだの美味しかったです」と店員さんに言ったとしても、最悪覚えてないか、
もしそれがちょっと適当だった場合

 

「ほんとかなあ」と思ったり、

 

「瞬時にお客様のドリンクを選べた自分てすごい」など、

店員さん自身の自己評価が高くなったりして終了です。

 

逆に、適当に答えられる質問でもある

 

そしてこれが残念なことに、逆に一番適当に答えられる質問でもあるんです。
もちろん適当だなんて自覚は店員さんにもないですよ。

 

おすすめ・・・思いつかない・・・そしてお店が混んでいる、忙しい・・・
店員さんはどうするか?

 

そういう時は、たくさんの人に飲んで欲しいドリンクを、
何の気無しに何の悪びれも悪意もなくおすすめしてくれるでしょう。

 

そうです、期間限定のフラペチーノやらホットドリンクを、
満面の笑みでおすすめしてくれて、周知&お店の売り上げ目標達成に
一役買っていただくこと決定です。

 

そんなの、数多の客と同じ扱いじゃないか!
仲良くなりたい、自分を少しでも印象づけたいのにと思っているのであれば、
「おすすめなんですか?」などという投げやりな質問をしている場合ではありません。

 

あなたという人を印象付けなくては・・・。

 

店員さんにドリンクのことを聞きたければこう言おう


でもスタバなんてドリンクが命だろ、そのドリンクのおすすめを聞いちゃダメだなんて、
一体何を聞けば良いんだよ、と思った方へ。大切なのは聞き方です。

 

  • 店員さんがうまく答えやすい
  • あなたの印象が残りやすい
  • 短時間で済む

 

といった、いかに効率よく目標達成(仲良くなる)につながる質問かを考えるべきだと思いませんか?

 

次からは聞きやすい、答えやすい質問を解説していきます。

最近飲んだドリンクで美味しかったものはありますか

 

「店員さんが最近飲んだドリンクで美味しかったものはありますか?」
(補足:「スタバにあまり詳しくないんで、聞きたいんです」とか。)

 

『最近飲んだもの』というのは、期間が限定されているので一気に答えやすくなります。
そうすると、「さっき休憩時間に飲んだドリンクが美味しかったです」

とか、リアルなことが聞けるかもしれないですよね。答えるのも簡単ですし。

 

スタバをもっと知りたいと思っているお客様なんだなと、少し印象付けもできますよね。

 

答えやすい⇨余裕ができる⇨目の前のお客様が印象に残りやすい

です。

 

 

いつものドリンクを少し味変してみたいのですがおすすめは?

 

例えばこうです。

 

「いつも普通のスターバックスラテを頼んでいるのですが、味変ってできますか?」

 

いつも飲んでいるドリンクのおすすめカスタマイズを聞くのは王道ですね。

 

ただ、味変といっても、シロップ、ミルク、エスプレッソ追加など、
ラテひとつとってもまた質問が多くなるので注意が必要です。

 

かといって、「ただ苦くしたい」とか言っても
「ではエスプレッソ追加をおすすめします、プラス50円です」で終わっちゃうんですよね。

 

なので、種類の多いミルクやシロップで味変してみたい
と相談すると良いんじゃないかなと思います。ラテの場合はね。

 

お店の中で流行ってるカスタマイズはありますか?

 

「お店の店員さんの中で流行ってるカスタマイズとかあるんですか?」
(補足:そんなのあるんですか?と、あくまで興味深く聞く)

 

これを聞くひとは滅多にいません。少し勇気がいりますが、
だからこそ印象にも残りやすいかと思います。

 

店員さん達の間で流行ったりするカスタマイズもあります。
そういうのを教えてもらうのも楽しいですし、お店の中を少し知れて、
常連になりやすいかもしれません。次回、話が広げやすいような気がしませんか?
他の店員さんにも通じやすい話ですし。

 

お目当ての店員さんがいたしても、他の店員(店長や社員、マネージャー)を敵に回しては
イバラの道決定じゃないですか。まずはあなたもお店に愛を持たなくては。

 

今日はこんな気分なので、それに合ったドリンクをお願いします

Photo by Drew Beamer on Unsplash

 

これは体験談なんですが、

ある日男子高校生が苦しそうな面持ちでレジにやってきて、一言

 

「自分、今日失恋してしまいました。何か、スカっとする飲み物を選んでもらえませんか?!」

 

と、言ってきたのです。えーっどうしよう、それは大変。
でもなんとかお客様の力になってあげたい!と、
頭をフル回転して、リストレットのアイスアメリカーノを選びました。

 

すると後日、休日に店長から、
「こないだの高校生が、
「選んでもらったドリンクが美味しかったのでお礼を言っておいてください」
だって」

 

とメールが来ました。

これは、その男子高校生の印象がものすごく残りましたね。

 

彼のコミュニケーションは具体的でわかりやすいですよね。
今の自分の状態を簡単に伝えて、それに合ったものを選んでもらうと。
しかも失恋したことをいきなり店員さん伝えるなんて。
できる範囲で、グッと距離を縮めてきたすごい例です。
そして嫌な印象ではありませんからね。素なんでしょうけど。かしこい。

 

スタバをあまり利用したことがない場合は

 

スタバのメニューやカスタマイズなんて知らないよ、という人におすすめな聞き方は、

 

「スタバをあまり利用したことがないのです。他の店ではコーヒーかカフェラテばかりなので。
似たようなものが良いですがおすすめはありますか。」

 

このように、いつも飲んでいるものを伝えてから、
店員さんに判断してもらうのが良いのではないかと思います。
スタバ初心者とか大歓迎ですからね。より、丁寧に教えてくれると思います。

 

この例では、本日のコーヒーが新しく出たお豆だったら、すすめてくれたりすると思いますし。
そのコーヒーが美味しかったら、後日コーヒーの話題が一つできますからね。

 

カフェラテに似てるものだったら、スターバックスラテか、あるいはカフェミストもあります。
「カフェミストってなんですか?」って会話が派生していくじゃないですか。

 

まとめ

 

こんな感じで今日は、スタバ店員に話しかけるときにおすすめを聞くのはNGな理由と効果的な聞き方
を解説しました。まとめますと、

 

【おすすめを聞きたい時は】

  • 限定的な言葉で範囲をせまくして答えやすいようにする
  • あなたの情報を少し伝える
  • 限られた時間の中でどうすればいいか考える

 

質問する時に少しでもあなたの情報を伝えておくだけで、その後の会話がスムーズですし、
スムーズということは落ち着いてできるわけです。落ち着いて会話できるということは、
目の前のあなたが印象に残りやすくなるというわけです。

 

その質問をする目的は何かというと、
店員さんと仲良くなること、自分を印象づけること、店員さんを知ることですからね。

 

店員さんに覚えてもらうために最も効果的な会話は何なのか、
質問一つにしても考えながらやっていきましょう。

 

何か、参考になれば幸いです。

お読みいただきありがとうございました。

ではまた。

 

 

タイトルとURLをコピーしました