りらとスタバと珈琲。 #元スタバ店員,#コーヒー,#ベジライフ,#人生

【元スタバ店員解説】超簡単なアイスコーヒーのドリップ・作り方【分量・温度まとめ】

コーヒー実験室 スターバックス スタバのコーヒー リラの珈琲

 

こんにちは。

今日のテーマは、

  • ちょい手間で簡単にアイスコーヒーを作ろう

です。

そろそろ蒸し暑くなってきましたからね。おうちですっきりしたアイスコーヒーをささっと作って飲めたら最高です。

すごく簡単なのでぜひ試してみてくださいね。

※元スタバブラックが具体的に解説します。
 


美味しいアイスコーヒーは超簡単に作ることができる

1、用意するもの

 

アイスコーヒー1人分ですね。用意するものはこちらです。(家にあるものや他のもので代用できます)

  1. 挽いたコーヒー豆20g〜22g
  2. お湯(沸騰した後、ふたをあけて30秒さます)
  3. 氷を半分以上入れたコップ
  4. ペーパーフィルター用のコーヒードリッパー(100円ショップで良い)
  5. ペーパー(100円ショップで良い)
  6. ケトル(やかんで良い)
  7. マドラー(スプーンで良い)

 

こんな感じです。ちょ、用意するものが多すぎてちょっと面倒に感じていませんか?w
文章をみると「うわ」ってなるかもしれませんが、写真を見ていただくとそうでもないですよね。

コーヒー器具も、100円ので十分です。はじめは高い器具を使う必要はありませんからね。

アイスコーヒーを作るときのコーヒー豆はなんでも良いのか?

コーヒー豆は、今回はスタバのアイスコーヒーブレンド2022を使います。スタバでなくても、カルディでもタリーズでもドトールでも良いです。スーパーのコーヒー豆も最近はクオリティ高いです。

アイスコーヒー用の豆を使ってみると夏ならではのコーヒー体験ができるのでおすすめですね。

挽き方は中挽き(ペーパーフィルター用)のコーヒー豆をご用意してください。

それでは作っていきましょう。

2、簡単すぎる作り方

作り方は簡単で、一言で言うと、

『いつものコーヒーをを濃いめに入れて一瞬で冷やせば出来上がる』

です。以下具体的に解説します。

 

1、氷を入れたグラスにコーヒードリッパーをセットします

こんな感じでセットします。コップは安定したものを使ってください。マグカップでも良いです。

 

2、そのままいつもコーヒーをいれるようにお湯を注いでいく。

最初のお湯はいわゆる『蒸らし』ってやつですね。コーヒー全体にお湯をかけてしめらせて20秒くらい待ちます。コーヒーの良い香りがぷ〜ん。ですね。

 

こんな感じで少量のコーヒーがおちてますね。こっから本番です。

3、むらしが終わったら2〜3回に分けて注いでいく

ここからは普通にドリップするのと同じように、何回かに分けてお湯を注いでいきましょう。

 

どんどん熱いコーヒーが冷たい氷に流れていくのを観ているだけでも涼しいですよね。

なんで氷に直接注ぐのか?

熱いコーヒーをダイレクトにすぐ冷やすことで、美味しさを閉じ込めるしくみになっています。
なんとも効率的だと思いませんか?w

 

みるみるうちにできてきました。

 

4、注ぎ終わったらお好みで氷を1〜2こ追加する

はい、出来上がりました〜。スタバのアイスコーヒーブレンド2022を使ったおうちアイスコーヒーの完成です。

氷はお好みで追加してください。

 

おうちで作る出来立てアイスコーヒーは控えめに言っても美味しすぎ

本当にすっきりして美味しい、んですね。

これ飲んだらペットボトルとか缶コーヒーとかはまるで別物だと感じると思います。まあ違った良さがあります。

いつも飲んでいるホットコーヒーに少しだけ手間を加えるだけで作れるので良いですよね。

最後にポイントをまとめておきます。

【アイスコーヒーの作り方のポイントまとめ】

  1. コーヒー豆はいつもの2倍使う
  2. 熱いコーヒーをすぐに冷やすと美味しくなる(急冷)
  3. コーヒー豆はアイスコーヒー用を飲んでみるとその意味がわかる
  4. お湯は沸騰したら必ず30秒はさます(90℃程度をおすすめする)
  5. できたらマドラーやスプーンでかき混ぜる

ですね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ではまた。

関連記事:【コーヒー】元スタバ店員がすなば珈琲のドリップコーヒーを飲んだ正直な感想【鳥取お土産】