りらとスタバと珈琲。 #元スタバ店員,#コーヒー,#ベジライフ,#人生

【肉を食べない生活】今までで一番美味しかったおすすめの大豆ミート【お肉そっくりすぎ】

りらのベジライフ実験 肉を使わない食べ物 肉を食べない実験

こんにちは。

最近大豆ミートブームですよね。さまざまな企業がお肉もどき製品を出していますよね。

今日のテーマは、

  • 美味しい大豆ミート製品を食べたい
  • 大豆ミートを料理するのに疲れた
  • 大豆ミートがどうしても肉っぽくならない
  • 植物性のお肉に興味があって食べてみたい

そんなふうに思っている方に、とてもクオリティの高い大豆ミート製品を見つけたのでシェアします。

美味しい大豆ミート製品を探している人はぜひ参考になさってください。

おとうふやさんが作った大豆ミートを食べてみたら美味しいしかない

私は肉をほとんど食べない生活を2年以上していたので、いろんな大豆ミート食品を食べてきました。

その中でも特に美味しかったのが、茨城県にあるお豆腐店、染野屋の大豆ミートです。

創業はなんと、江戸時代です。

お試しセットをいろいろ食べてみたのですが、どれも本当にお肉そっくりの食感なんですよね。

※もちろん個別に注文することもできます。

それでは、さっそく食べた感想をシェアします。

 

1、しょうが焼き

まずは夕食の定番、しょうが焼きです。

 

ちなみにこちらは沸騰したお湯で4分加熱すればすぐに食べられます。

私は温めてから玉ねぎと一緒に炒めてみました。

 

食感が本当にすごいんですよね。

写真のようにさいてみると分かりやすいのですが、お肉の繊維感にそっくりなんですよね。

ホロホロっとほどけるんです。

 

柔らかくて、お肉を食べたような感覚があります。

あとに残る食感もほぼお肉そっくりで美味しいです。

味もよく染み込んでいる

自分で料理すると大豆ミートに味がしみこんでないことが多かったのですが、生姜のタレの味も染みていて満足です。

味付けも、しょうがが効きすぎることはなく、甘辛バランスが取れています。また、濃すぎない味付けなので自分でアレンジも可能です。

 

2、あぶり焼き

控えめに言っても、この2年間で食べてきた大豆ミートの中で一番美味しかったです。

美味しすぎます。

写真を撮るのも忘れてすぐ食べてしまいました。

すごくプルプルと柔らかくて・・・。焼き鳥に似ています。とくに鶏モモ肉の皮の部分に似ています。

焼肉屋さんのホルモンにも似ていますね。炙りがすごく効いていて、大変風味が良いです。

ベジタリアンやヴィーガンじゃないけど、お酒のおつまみでカロリーを控えたい人にもぜひ食べてみてほしいです。

晩酌するお父さんへのプレゼントにも良いでしょう。

 

3、プラントベースミンチ

 

このミンチはつなぎがほぼいらないです。大豆ミートってボソボソしてハンバーグがまとまらないというお悩みがよくあるんですよね。
関連記事:【肉を食べない生活】大豆ミートハンバーグのつなぎおすすめ5つ【ランキング】

 

しかしこのソミートのミンチは、すごく粘着性があって、つなぎは少量のパン粉だけで十分です。

 

具は玉ねぎのみじん切りと、この日はにんじんを入れてみました。味付けはナツメグと塩、こしょうです。

この大豆ミート自体は無臭でクセがないです。

なので風味づけににんにくのすりおろしや、しょうがのすりおろしを入れると、洋風、和風、どちらも簡単に作ることができます。

 

焼くのも簡単、次の日も美味しい

しっかりまとまるから焼いている間に崩れることもありません。盛り付けたらハンバーグそのものですよね。

ふっくらとした断面。

ちなみに次の日に電子レンジで温め直しても美味しかったです。

 

4、唐揚げ

 

こちらはお弁当のおかずによく入れています。

しょうゆの食べやすい味つけなので子どももよく食べます。

オーブンで焼くときは、凍ったまま230℃のオーブンで4分〜6分温めています。

焼けた様子を見ながら1〜2分ずつ追加します。

 

 

レンジよりもオーブンの方がカリッとして柔らかさを保てるのでおすすめです。

もっとカリッとさせたい場合は、霜を取って片栗粉をつけて揚げても美味しかったです。

出来上がりはこんな感じです。

 

見た感じは唐揚げそのものですよね。

お肉みたいな繊維もあって、鶏モモ唐揚げに似てます。

味はさっぱりめの味と食感なので、ケチャップとか韓国のヤンニョムチキン風にしても美味しいです。

 

 食べれば食べるほど地球にも体にも優しいソミート

 

お試しセットはこちらです。ぜひ、美味しい大豆ミートの世界を気軽に体験してみてください。
ソミート お試しセット ¥3,170

お読みいただきありがとうございました。

ではまた。