りらコーヒー #元スタバ店員,#コーヒー,#ベジライフ,#人生

【人生を変えたい】私がスタバの仕事を辞めた理由。【真理】

スターバックス スタバで働きたい 人生のちょっとしたこと 雑記

こんにちは。

いつもお読みいただきありがとうございます。

今日は、ものすごく好きだったスタバの仕事を辞めた理由について書いていきます。

スタバの仕事でなくても、今の仕事を辞めようか、自分のやりたいことって何だろうと思っている人などに参考になれば幸いです。

※エッセイ調です
 


【転職したい人へ】私がスタバの仕事を辞めた理由。良い意味で洗脳が解けたから【真理】

一度目の緊急事態宣言

コロナが始まって、2020年4月緊急事態宣言が出された。

私が働いていたスターバックスの店舗も、当然その間は休業になった。年中無休だった店が1ヶ月以上閉まるなど、今までにはなかったことである。

店長からはたびたび、従業員への連絡がグループチャットで流れてきた。

内容としては、従業員への労い、感染対策を促すこと、業務連絡、そして、スターバックスへの仕事への気持ちを鼓舞するようなものだった。

それは店長の仕事として当然のことで、自粛が明けたら従業員が減ってしまったりしては大変だからだろう。

 

  • ちなみに会社の対応は、働いていないにも関わらず、契約の通りに給料が支払われた。なので退職した今思っても、スターバックスという会社は素晴らしいと思っている。

 

スタバの店員=自分ではない

スタバのお店に行かなくて良くなり、何もない毎日が始まった。ただ子育て、家事だけの日々である。

しばらくすると、お店のことを考える時間が減ってきた。そして、さらに日にちが経つと、だんだん違う気持ちが浮かんできた。

「あれ?私はなぜあんなにスタバのことを考え、尽くしてきたのだろうか?」と。

むしろ前までの自分の思考が信じられない。

そして、好きな仕事だと思っておきながら、シフトの前日は

「明日うまくできるかな」とプレッシャーで眠れなかったり、

シフトが終わった日も、もしミスをした日だったら「なんであんなミスしたんだろう」と、

次回の勤務日まで引きずっていた。でもそれが自然で普通だと思っていた。

しかし、それが全くない日々。というか普通の日々。あれ、これが普通なのでは?ひょっとして自分は自分に幾らかの無理を強いていたのではないか?

そこで気がついた。お店で働いている間は、自分=スタバ店員だと無意識に思い込んでいたのだ。そして、とても当たり前だけど、離れてみたら、スタバの店員=自分自身ではないことに気づいた。(思い出した)

それどころか、そう思い込んでいたことすら気づいていなかったのだ。

以前、この記事にも書いたのだが、スターバックスの仕事ははっきりしたミッションがあるので、他の企業よりも使命感だったり、忠誠心のようなものが芽生えやすいと感じている。

でも、おそらくスタバに限らず、その組織で仕事をし、それに没頭していたら、絶対に気づくことができなかったと思う。

働いていて、少しずつ違和感を覚えていたとしても、日々の仕事に追われたりすると、かき消されてしまうのだろう。そして、自分でも見たくない心の部分なのだろう。所属している組織を否定することにもなり得るからだ。

 

歯科医院で働いていた時の思考停止

ふと、歯科医院で働いていた時のことを思い出した。

その歯科医院は昼休憩が90分くらいあった。近くにコンビニ、スーパー、パン屋、モスバーガーまであったのだが、休憩時間に昼食を買いに行くスタッフは一人もいなかったのである。

入社当初は少し疑問だった。なぜここで働いている人は一日中12時間(拘束時間)もここから出ないのだろうかと。しかし、あまり深く考えずに昼休憩を過ごしていたら、いつの間にかそこになじみ、それが当たり前になっていた。

退職して離れてみて思うのが、昼に外に出たかったら普通に出ればよかったのだろうなということである。あんな近くにモスバーガーがあるなら行けばよかったと。

何が言いたいのかというと、渦中にいるとわからなくなるということである。

自分に残ったもの


そんな感じで外での生活が全て停止した中で毎日を過ごしていると、本来自分はどうだったのか?ということが、日に日に少しずつ顔を出してくるのがわかった。

何もないなら何をするかな?子どもの相手はもちろんやるのだが、私=母親というわけでもないのだ。
なので周りの全てを払いのけて、その上で自分は何を今やりたいのか?ということだ。

そこでその時期に私がやったことは、コーヒー豆を手網で焙煎してみたいということだった。

何もコーヒー豆の焙煎を始めて、コーヒー屋をやるとか、そういう大きなことではない。そんなことができたら良いなという気持ちも少しはあったが、今の時点では現実的ではない。

何も関係なく、ただ、今やってみたいのは焙煎だったということだ。

不安な気持ちでAmazonで手網の焙煎器と生豆を買って、来る日も来る日もコーヒー豆を焙煎した。

焙煎前の緑色のコーヒー豆をチラシに広げて、虫食い豆や欠けた豆などを拾ってよけ、YouTubeで手網の焙煎方法を見て、一人で空いた時間に焙煎をし続けた。その当時見ていたYouTubeはもう二度と見れないと思う。辛かった日々を思い出すからだ。

焙煎をしながら色々なことを考えた。

スタバは大好きだけど、働くのは自分には向いていない。だけど、コーヒーが好きだという気持ちに嘘はない。

そして、自分は本当は外向的ではなく内向的な人間であること、黙々と何かをやりたいということにも気づいた。

 

緊急事態が明けて

ひと月半の休業が終わり、無事にお店が再開して、スタバで働くという日常が戻った。しかし、どうしても前のような気持ちで働くことはできなかった。

子どもが幼稚園に入園したらシフトを増やして、さらにバリバリ頑張っていこうと思っていたのに、全く変わってしまった。むしろシフトを減らし、フェードアウトしていくようになった。

お店の仲間との関係は何ら変わらず、前よりも親しくなっていたのだが、仕事へのモチベーションは減る一方で、そんな気持ちで働くのも仲間に申し訳ないという思いだった。しかし下がっていくモチベーションを自分ではどうすることもできず、悩む日々だった。

そんな中、好きだった社員さんが異動してしまい、新しい社員さんが来たのだが、その人との馬が合わなかった。しかし、その人間関係をどうにかする意志も全く起こらなかった。今までの自分からは想像できないことである。

自慢ではないが、今まで職場の人間関係はうまくやっていけた。なぜならばノウハウを知っているから。人間関係は自分次第なのだ。

でもそれには多少のエネルギーと、ちょっとした調整と時間が必要だった。スタバの仕事に意欲的だった頃は、苦手な人との関係も修復しつつ、居心地の良い場所に変えていた。なのに、今回ばかりはそのエネルギーすらないのだ。

うまく言えないのだが、その部分の自分のエネルギーが完全に枯渇しているような感じだった。

そんな感じで半年以上が過ぎ、年が明けて2021年の1月に、私の身にとあるショックな出来事が起こった。

それを心で処理すること、人間関係の改善、全てを行いつつ仕事のクオリティを保つ、その時の私には到底担うことができなかった。あらゆることが重なり、半ば勢いで退職するに至った。

 

自分を変えるのはいつも『たまたま』

私は主婦なので、夫が仕事をしているからパートを辞めたとしても当面は大丈夫だ。

だから、

「あなたは切羽詰まっていないからパートも辞めることができる。自分のやりたいことを考えたりできるのも主婦で恵まれた環境にいるからだ」

という意見もあるだろう。そして何をかくそう自分の思考が自分にそう囁いてくる。

だが反論したい。私は外で働いてはいないが、家事や子育ては一生懸命やっている自負がある。食事だって手作り中心だし、子どもが遊びでやりたいと言ったことは疲れていてもいつもやる。叱った時は罪悪感に苛まれ、もっと良いやり方はないか悩んだりしている。自分の子育てのやり方が合っているかなどわからない。しかし、とにかく全力を尽くしている。

そして合間にブログを書いて、ライティングスキルを学び溜めている。家のために心と体をとても使っている。
自画自賛なのではなく、自分が一日、一週間に一体何をしているのかを客観的に見たら、すぐにわかることである。

なので、時々はバリスタの仕事をすごくやりたくなりつつも、退職したことは後悔していない。

 

お読みいただきありがとうございました。


こんな感じで今日は、私がスタバを辞めた理由を書いてみました。

でもこれからも仕事は続いていくし、何をしたとしても、自立に向かって進んでいくことに変わりはありません。

これを読んで下さった方にとって少しでも何か参考になれば幸いです。

ではまた。